欲しいバイクが決まったんですけどね… 何処にも売ってないジレンマ(涙)

はい!hottomottoの特からあげ弁当とのり弁(全部のせ)でいつも迷ってしまう病み上がりのアラフィフです。(笑)バイクを降りてから約2年と8ヶ月、やっと次のバイクが決まったのか?今回のテーマは「ジャメリカン」で、こんなお話。

テーマ:ジャメリカン

このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク

アメリカンじゃなくジャメリカン?BMWのクルーザー BMW R1200C について…

勝手に「ジャメリカン」なんて読んでますが、要するにハーレーダビッドソンが代表するようなアメリカン・バイクっぽい外見をしたBMWのバイクだから、 ドイツ(ジャーマン)製のアメリカン?略してジャメリカン?(爆)

最新のラインナップでは1,800ccのボクサーツインを搭載した BMW R18 などが該当するかと思われます。

今更ですが… BMW Motorrad Comcept R18/2 の後ろ姿に一目惚れした話…

しかしながら、流石に新車で300万円近くもするバイク(BMW R18)を購入する勇気も余裕もありませんので R18 の話題は勝手に割愛しますけど、個人的な趣向で言わせてもらうとアメリカンバイクの様なスタイル

基本的に嫌い!(爆)

だったんですけどねぇ… これが歳を取るという事なのでしょうか?

この BMW R1200C とは、1997年から2004年頃まで販売されていた BMW Motorrad の クルーザー タイプの大型バイクであり、同年代のRシリーズより排気量がちょっとだけ大きく、先走って 1200 という名称(実は同年代のR1100などと同型のR259系ボクサーエンジンのボアアップ版です)になってますが、実際には 1,169.6cc だったりするのは最後まで秘密(笑)

で、BMW製のバイクに興味を持った当時には最後まで食指が動かなかった BMW R1200C (汗)

それでも落ち着いて考えてみると、ボクサーエンジン+リア・パラレバー(これ実はパラレバーではなく、それっぽい只のシャフトドライブだったりするのも最後まで秘密・笑)+フロント・テレレバーと自分が拘っているポイントは全て抑えられているという事実に気付いた事(遅いよ・笑)と

今回は、掲載用の画像を用意できなかったのですが、純正のサイドバック(パニアケース)が革製で装着時の見た目(特に斜め後ろからの姿!)が

めっちゃカッコいい!んです(爆)

よく検索に引っかかるのは(↑)の画像だったりするのですが、どれもパニアケースは未装着状態なのが残念無念(汗)またリアシートは寝かせてあり、これ起き上げて背もたれになるって知ってました?(笑)

そして1番の決め手だったのが

BMW R1200Cの排気音!(爆)

興味本位で某オークションサイトにて出品車両の動画を拝見したのですが、どれも官能的な低音でズボボォーって感じ(笑)しかも純正のマフラーが左右2本出し(これも実は車体下で一度集合させていてキャタライザーを通して再分岐というね)ってのも漢心をくすぐったポイントですね!?

そんな BMW R1200C なのですが、今まで某オークションの出品車もスルーしてたんですけど、興味が湧いてから確認するも後の祭り(笑)程度の良さそうだった車両は全て落札済み(涙)

ちょっと前に70万円ほどで黒の車体色でで純正パニアとナビ(Navigator IV )が装着された1オーナーものもあったんですけどね… 逃した魚は大きかった…orz

また40万円程で車体色はクリーム(ベージュ?)色、黒の純正革パニアを装着した車両もあったのですが、この二つを落札できなかった事を大変後悔している今日この頃(汗)

手に入らないもの程、欲しくなりません?(爆)

元々、タマ数の少ない BMW R1200C ですが、既に20年以上前に販売されていたバイクですので、車体の程度もピンキリなのが玉に瑕。Gooバイクでも1台だけ掲載されているのですが、1オーナー室内保管で程度こそ最高なのですが車体色がシルバーで、気になるお値段が140万円〜200万円(何故か日によって変動している・笑)

再び大型バイクに3桁万円用意(一応、手放したBMW R1200R(B玉号)も購入時は3桁万円したのですよ・笑)するのであれば違うバイクを買いますって(笑)

また革製の純正パニアケースの装備がない車両も多く、希望としてはB玉号の売却時の金額程度でパニアケース付を手に入れられれば御の字なのですが、せっかく欲しいバイクが決まったのに何処にも売っていないというジレンマ(爆)

きっと、今まで アメリカンタイプのバイクを嫌っていた罰 ですかね?でも、そういう意味ではハーレーダビッドソンとかは今でも興味ありませんし、本音を言えば「嫌いな部類」なのは変わらず(要するに BMWのバイク=ボクサーツインのクルーザーが欲しいのです!)だったりするのは最後まで秘密にしつつ、今回のお話も特に落ちないままこの辺で〆

スポンサーリンク


Follow me!

管理人が選んだオススメ記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。