BMW Motorrad モトパーク さんでBMW R18 に跨ってみた話…

はい!前々回「趣向は変わるもの!?欲しいバイクがあったのですが… これも天啓?「まだ買うな!」という事かしら?」と題してBMW K1300RやらBMW K1100LTが欲しいかも?なんて今現在の心境を書き綴ってみた訳ですが、思う所もあり、ちょっと久々にBMW Motorrad モトパークさんまで顔を出しに行ってきました!今回のテーマは「行動心理」で、こんなお話。

テーマ:行動心理

このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク

ペットショップで販売しているペットを抱っこしてはいけない法則と一緒で試乗車には跨ってはいけない法則

日曜日の午後、愛車BMW F36 420i グランクーペ Mスポーツ 3代目まゆ毛くん(シタまゆ)でBMW Motorrad モトパークさんに到着!3代目まゆ毛くん(シタまゆ)で来るのは、コレが初めてですね!?

言わずもかな?掲載した画像はiPhone 12 mini で撮影した画像ですが、なんとなく不自然な奥行き感はご愛敬。カッコいい!時と「ん〜」って時の見極めが難しい(笑)

閑話休題。久しぶりにBMW Motorrad モトパークさんまで来ましたが、一番初めに目に止まったのはやっぱりこのバイク!

BMW R nineT

BMW R nineT

アルミ製の外装がビシっと決まっている現行モデルの特別仕様車?メーターバイザー1つでこんなにも印象が変わるものなんですね!?シングルシートのハンプカバーも標準装備で通常のリアシートと交換出来る仕様との事。

素直にコレはカッコいい!ですね。めっちゃ物欲を刺激されたのは言うまでもなく…

とい面には既に売却済みの車両でしたが、コチラもオプションをてんこ盛りした特別仕様車のようで、ハンドルの先っちょに着いた純正オプションのバーエンドミラーがカッチョいい!

全体的には先述のメーターパネルを装備したR nineTが一番物欲を刺激してしまったのは最後まで内緒にしておきたいトコロでもありましたが…

そんなショールームの奥には…

BMW R18 クラシック

実物のBMW R18と初対面!(爆)

ちなみにショールームに展示されていたのはBMW R18 クラシックで通常のR18とはフロントタイヤのサイズが違ったり補助灯やら専用再度パニアやらマフラーなど色々と違う部分がありますね…

こうみるとやっぱりデカイ!シリンダー!なんと言っても1,800ccのボクサーツインですから片側だけで約900cc?日本の軽自動車の約1.36倍の排気量!

総排気量だけで言ってみれば、コイツより少ない排気量の自動車だって日本にはわんさかいる訳です(汗)

それにしても実物はサイドケースの本革感(まさにBMWの皮シートの様な感触!)にストレートマフラーなどホント漢心を擽る仕様といいますか

気になってジロジロ眺めていたら、ナント!外にはR18の試乗車(クラシックではないノーマル車)があるとの事!早速表にまわって現車確認する事に…

BMW R18 試乗車に跨ってエンジン始動!バックギアも体験!

ドルん♪ドルん♪

実際にBMW R18に跨らせてもらい、色々とアドバイス(エンジン始動時の車体の揺れが大きいから踏ん張ってなどなど)を受けつつセルボタンをポチっ!お約束のボクサーツインらしい躍動でしたが

ギアを入れずにNのままドルるん♪ドルるん♪とアクセルを少々捻ると車体が起きるのはお約束ですが流石に1,800ccともなると迫力が違います!

WEBで広がっているデマ?BMW Motorradのボクサーエンジンについて少し考えてみた…

また BMW R18にはバックギアが標準装備されている様子 で左のシフトペダルの上部に手で操作するバックギアがありました。その操作方法も教わりつつ、バックに入れてセルボタンを押すと

グイ、グイっと少しだけバックしました!何故かメッチャ感動!(爆)流石に300kg近い車重ですから、これだけでも大分取り回しが楽そうに感じたのは言うまでもありません。

やっぱり、ペットショップで販売中のペットさん達を抱っこするのは禁断の手法でもありますが、バイクも車も一緒で実車に跨ってエンジン始動してしまうと

絶対欲しくなってしまいますよね!?(爆)

また、ノーマルのグネっとしたマフラー(なんとかフィッシュテール?)が余り好きではなかったのですが実車で確認してみると何だかんだ言って「これはこれでアリだな?」なんて…(笑)

次回はヘルメットを持参して試乗したい旨を伝えると快い返事を頂けましたが、やはりこういった対応が大事ですよね!?次も足を運びたくなりますし

実際の所、本音を話すと中古でBMW K1100LTを購入した際にBMW Motorrad モトパークさんで面倒を見てもらえるのか?また乗換えでBMW K1300Rを下取りに出したり、手放そうとしている人がいたら教えてください!なんて図々しい相談をしに行った訳ですが

こう親切丁寧な対応されてしまうと

やっぱりモトパークさんで新車購入しちゃおうかしら?(核爆)

なんて思えてくるから摩訶不思議(汗)いきなりBMW R18の新車は無理ですが、R nineTのメーターパネル装備車はちょっと欲しくなってしまった今日この頃(購入後に命名するなら、きっと?シルバーA玉号!爆)新車の誘惑に負けるのが先か?下取りでBMW K1300Rが入庫されるのが先か?(ちょっと確率低いかな?)まだまだリターンする気は起きないのも事実と言えば事実なので

もう少しの間だけ、悶々と物欲と葛藤しつつお店に足を運んだ際には色々と案内やら試乗させてくれたら嬉しいなぁ… と自分勝手な妄想をしつつ、今回のお話もこの辺で〆

スポンサーリンク


Follow me!

管理人が選んだオススメ記事

BMW Motorrad モトパーク さんでBMW R18 に跨ってみた話…” に対して2件のコメントがあります。

  1. しーな より:

    別れがあれば出会いがあるわけですね( ̄ー ̄)ニヤリ
    試乗のレポを楽しみにしています。

    F7君にもバックボタンが欲しいです~( ;∀;)

    1. ageha より:

      しーな さん、こんばんは!

      そうですね、今すぐに!という事はないかもですがB玉号の事は新たなる出会いの為の「お別れ」と前向きに捉えて今はバイク熱をチャージ中です(汗)

      バイクにバックギアはやっぱりあると便利ですよね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。