数値でみる新型 G26 グランクーペ… BMW F36 420i

はい!少々後追い感はありますが、とうとう発表されましたね!?新型4シリーズ G26 グランクーペ 。欧州時間で6月9日に発表されて日本での販売は今秋頃でしょうか?これで愛車BMW F36 420i グランクーペ  Mスポーツ 3代目まゆ毛くん(シタまゆ)が型落ちとなった瞬間でもありますが、今回のテーマは「車体サイズ」で、こんなお話。

テーマ:車体サイズ

このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク

新型BMW 4シリーズ グランクーペ (G26) のサイズ感

新型4シリーズ G26 グランクーペ のサイズですが、全長4,783mm、全幅1,852mm、全高1442mmとなっており先代F36と比較してみると下記の通り…

  G26 F36
全長 4,783mm (Mスポ)4,670mm +113mm
全幅 1,852mm 1,825mm +27mm
全高 1,442mm 1,395mm +47mm
ホイールベース 2,856mm 2,810mm 46mm

こんな感じに全長で約11cm、全幅で約3cm、全高で約5cmと一回り車体が大きくなっている訳ですが、車体が大きくなってる分を加味してもグランクーペ というならもう少し全高が低くても良かったのでは?と思ってしまったのは個人的な見解なので最後まで内緒(汗)

多分、BMW正規ディーラーなどのショールームで実際の展示車を見たら結構大きく感じるんでしょうね!?(何故か室内だと更に大きく感じる摩訶不思議・笑)

サイズアップで全高も高くなってしまったグランクーペ

ちなみに禁断の果実らしくBMW E61 525i と比較してみると、全長はE61の方が若干勝っているものの(E61が全長4,855mmでG26は全長4,783なのでE61が約7cm長い)全幅に至っては

G26が全幅1,852mmなのに対しE61が全幅1,845mmなので

7mm負けているという事実!(爆)
まぁ、特に意味ないな?これw

全長に対する全幅比的に多少ルーフが高くても平べったい感が出ているのかしら?(笑)

先ほども書きましたが若干腰高というかクーペっぽい低さを感じなかったのは気のせいではなく実際に全高も大きくなっていたでFAなんですけど、縦長グリルもブラックアウトすると目立たないといいますか、車体色が黒もしくは画像の様に赤系だったら逆にカッコいい!かもですね?しかしながら

アルピンホワイトだと少々くどく感じてしまうかな?

今回は、単純に新型4シリーズ グランクーペ の大きさ云々を伝えたかっただけなので、エンジンラインナップとか駆動形式がどう?とかは省きますが(ちなみに420iは約10馬力ほどアップしています)

やはり4気筒が主軸で魅惑のシルキーシックスを搭載した車両はM440i xDriveグランクーペ のみ?(だがM4ではない・笑)実際のところMうんちゃらは紛らわしいですよね?(笑)

マイルド・ハイブリッド・テクノロジーとはなんぞや?

また、この辺の情報も錯誤していますが「全てのモデル」なのか?M440i xDriveとディーゼルモデル(こっちは日本には入って来ないんだろうなぁ…)限定なのか?は2種類の記事があって、調べるのが億劫だったのでそのまま記載しますが、どうやら

マイルド・ハイブリッド・テクノロジーと称した(なんちゃって)ハイブリッドシステムが標準装備?48Vのスターター・ジェネレーターにより、発進時の加速や急発進時に8kW/11psの出力が追加されるみたいですね?(要するにセルを回すモーターが最大11psを発生するハイブリッドシステムを兼務するでFAでしょうか?)

オイル補充 と 420i Gran Coupe BMW E61 525i

まぁ、まぁ、新型3シリーズより大きく5シリーズよりかは小さい新型4シリーズ G26 グランクーペ 。実際には自分の中ではF36登場時の様な衝動的な物欲が発生するほどのインパクトはないので、ショールームで実物を拝見する日を楽しみにしつつ、今回のお話もこの辺で〆

 

スポンサーリンク


Follow me!

管理人が選んだオススメ記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。