どっちもM1なのだけど… MacBook Air 13インチにするべきか?iPad Pro 11インチにするべきか?悩んでいる話…

はい!旬なネタを早めに記事にしたいとは思いつつダラダラとタイトルだけ決め放置プレイと化してましたが、久しぶりの林檎日記は新型iMacの残念無念なデザインはさておき、気になるのが新型iPad Proの存在。今回のテーマは「キーボード付きiPad Pro」で、こんなお話。

テーマ:キーボード付きiPad Pro

このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク

キーボードが付いたiPad Pro… それ、なんていうMacBook Air ですか?

遂にM1プロセッサーを搭載した新型iPadが発表されましたが、まさに去年の11月に書いた記事通り(抜粋:唯のiPadにキーボードを取り付けたようなノートPCや巨大iPadに台座を付けただけのデスクトップに成り下がるのか?)予感的中?Magic Keyboardと合体させたiPad Proはちょっとしたデスクトップマシン?いやいや、コレ何ていうMacBook Airですか?(爆)

M1チップとは何ぞや?気になるApple Silicon搭載の新Mac… 購入するのはまだ早い?

iMacやMac mini、MacBook Air 同等のM1プロセッサにretinaディスプレイ。未だOSこそ統一されていないものの、コレ将来的にmacOSとiPad OS(iOS含む)が統一されたら、もう境界線が存在しなくなりますよね?(自分で書いていて何を言いたいのか少々意味不明・笑)

実際には次期 macOS Montereyでは、MacとiPadの間でデータをシームレスに移動できるユニバーサルコントロールという機能が追加される予定だとか…

やっぱりコスパが良いのはM1搭載のMacBook Air

M1プロセッサー登場時に、当初はM1搭載のMacBook Airを人柱としてに購入するか?悩んでいましたが、ここに来てやっとAdobe CCがM1ネイティブに対応したという朗報(これ超重要事項・笑)を受け沸々と湧き上がる物欲に歯止めが効かない状況に陥っていた訳ですが…

M1 Mac 新型 MacBook Air のコスパについて考えてみた…

新型iPad ProとMagic KeyBoardの組み合わせた姿を見せられ更に困惑。その理由というのも、自分の中で至高のMacBook Airは11インチと心に誓った過去を持ちますが、気になるM1搭載MacBook Airは13インチ。

今回発表された新型iPad Proは11インチも存在するという事実に、コレにMagic KeyBoard付けたら一事が万事全て解決なんじゃないかな?と(爆)

やっぱり画面サイズが決定打?iPad Pro 11インチが最強モバイルマシンになるのか?

しかしながら、そもそも自分の使用用途的にiPad OSだとまだまだ賄えない部分がある事も事実。まぁ、iPad用にもAdobe CCあるので懸念する点があるとしたら開発環境を構築出来るのか?が鍵になる訳ですが

もう、画面共有でいいんじゃね!?(爆)

なんて回答があったりなかったりする昨今、まさにM1搭載MacBook Airにするのか?M1搭載iPad Pro(11インチ)+Magic KeyBoardにするのか?回答が出ないまま時間だけが過ぎて行くという…

コスパ的には盛ってもMacBook Airが一番なのは理解しているんですけどね!?

11インチのiPad Pro(標準で8Core RAM16GBのM1プロセッサ搭載)ストレージ128GB、Wi-FiモデルにApple Pencil と Magic KeyBoard を付けたら約14万5千円。ストレージ256GBで他一緒の場合は約15万8千円

MacBook Air(梅 7Core) をRAM 16GB、ストレージ256GBに変更すると約13万8千円。8Coreの方に変更するとストレージが最低512GBとなりRAM 16GBで約16万5千円。

う〜ん、悩ましい値段設定ですね!?(笑)
やっぱりAirの7Coreがコスパ良いw

簡単とは言え、動画編集とか踏まえるとMacBook Airも7Coreではなく8Core版を購入すべきなのでしょうけど、iPad Pro + Apple Pencilでお絵かきしつつ(絵心があるとは言ってない・爆)Magic KeyBoardを使用してブログ(WordPress)の更新という使い方も捨て難い訳ですよ…

実際、手元にあるMacBook AirさんはIntel入ってるのCore i7 RAM 8GB ストレージ256GBなので、もう少しの間は現役でいられそうではありますが、如何せん13インチはやっぱり鞄に入れると大きく感じちゃうんですよね…

macOS(タッチパネルが使用できる)をインストールできるiPad Pro 11インチがあれば全て解決なのに(笑)

これは最早論外… まるでiPadに脚を付けただけの新型iMac

肝心の新型iMacも初代iMac路線でカラフルラインナップを使って来たと言う事は、きっとApple社内でも今回のiMacのデザイン性に疑問があったのでしょうね?デザインに自信があったら1色スタートで、追々テコ入れでカラフルバージョン販売すると思うんですけど(汗)

閑話休題。最終的な一つの解として… 現在モバイル用途に使用しているMacBook Air 13インチ(Late 2017)は、売却せずにそのまま使用しつつ、11インチのiPad Pro(128GB) + Apple Pencil + Magic KeyBoardを(お遊び用として)購入し、物欲を一時的に抑制。

その半年後とか1年後に改めてM1 MacBook Airを購入する欲張りパターン!(その頃にはM2とかM3版が発売してそうですね?爆)を夢見つつ、今回のお話も結論出ないまま、この辺で一旦〆

スポンサーリンク


Follow me!

管理人が選んだオススメ記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。