下手の横好きでも道具は必要?デジタル一眼レフカメラについて悶々と考えてみた…

20180701901

前々回の記事、マイナスイオンを求めて袋田の滝まで遊びに行った際にデジタル一眼レフカメラも持ち出して暑さに耐えながら少し頑張って撮影してみました…

それというのも

少し前にツーリング用に新しいレンズが欲しい!なんて記事を書いて以来、フツフツと湧き上がる物欲の原因がカメラなのか?レンズなのか?

はたまた

本当に新しい機材は必要なのか?

確認したかったからであります…

このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク

道具より撮影スキルを磨くのが先なのかな?

20180701902

20180701903

と、言うことで今回の記事に掲載した画像は全てデジタル一眼レフカメラで撮影した画像です。結果的には、この日に撮影した写真は残念ながらこれといって見栄えの良いお気に入りの写真(あるにはあるのですがプライベートな画なのでブログには掲載不可・笑)は撮影できなかったのですが…

あ、それでも今回は

JPEG撮って出しではなくてRAWデータもありますので

撮影が駄目なら現像があるじゃない!(爆)
購入後、梱包箱からも出さずに放置プレイ中のiMac 4Kの出番?

と、興味の矛先をスリ替える!って逃げ道もあったりするので…

現在、Adobe公式の「フォトレタッチの極意18:PhotoshopでのRAW現像の基本操作」を読んでみたりしてるんですけどね!?(笑)

20180701904

前回の記事では、ブレブレだったiPhoneで撮影したトンネル内の写真もデジタル一眼レフカメラなら上手く?ブレずに撮影!実は、コレ歩きながら撮影していたんですよね…

暗い所の撮影では

まだまだNikon D90さんに軍配が上がる模様です!

あ、今回の撮影機材ですが

  • Nikon D90(APS-C 12.3Mピクセル、ISO 200〜3200)
  • AF-S DX NIKKOR 16-85mm f/3.5-5.6G ED VR

撮影機材のうんちく

20180701905

20180701910

デジタル一眼レフカメラ本体のNikon D90さんが発売されたのは2008年9月ですので、もうすぐ10年なんですよね!?当時はNikon D3(初代FX機?)と同時発売されたNikon D300(こちらはDX機)のアマチュア向け?

Nikon D70s → Nikon D80 → Nikon D90と進化してきたシリーズで、最後のD二桁機。以降、D90とD300sの中間に位置づけられたハイアマチュア機としてD7000シリーズが発売されるという流れでしたね!?

現在で言う所のNikon D5(FX機)とNikon D500(DX機)そのアマチュア向け?としてのNikon D7500みたいな関係ですかね!?

(前回の記事から色々と系譜を調べてみました・笑)

20180701913

20180701912

またレンズの方は?と言うとAF-S DX NIKKOR 16-85mm f/3.5-5.6G ED VRは、一応メーカー希望小売価格10万円少し超え(現在の実売は6諭吉前後)のレンズさんで

Nikon 7100のキットレンズにもなりましたよね!?

しかも

当時、中古じゃなくてレンズのみ新品で8.5諭吉程で買ったのですが

これ、購入時は初心者なりに

清水の舞台から飛び降りる覚悟でしたね!?(汗)
その割りには購入時に記事を書いていなかったり、記憶がとんでいたのかもw

それまで使用していた標準レンズの18-70(Nikon D70のキットレンズ)も良かったのですが、やはり16mmの広角とVRによる手振れ補正機能は

これ買って良かった!

と思いましたが…

そのトラウマからか?今でも外に持ち出すのに少し躊躇したりしてしまうという悪循環(笑)

肝心の撮影スキルは?

20180701911

20180701914

こんな感じで、手持ちの機材を首からぶら下げつつ第一観瀑台〜第二観瀑台にて色々とカメラの設定を弄くりながら撮影してみましたが

水物を撮影する時って

SS遅い方が良い!

って、帰宅後に知りました(笑)

一生懸命、SS上げて水しぶきを撮影(一応、SS下げた画も何点か撮りましたが)しようとしていたのは撮影センスのかけらもないって事でFAでしょうかね?(涙)

20180701916

20180701917

WB(ホワイトバランス)は今回オートで設定して、シーンモード選択ではなくM(いつもはPで撮影が多いですね)モードで撮影してみましたが

  • SS上げる = 入る光量が少ない = F値は小さく
  • SS下げる = いっぱい光が入る = F値は大きく
  • 絞り値が小さいほど、被写界深度が浅くなり、背景などのボケを大きくできる

こんな位の知識しかありませんので、撮影後の画もたかがしれています(笑)

20180701919

バイクでツーリングに行った際なども景色オンリーではなくてバイクを間に入れて一眼レフ特有の背景をボカして誤魔化すだけで

大して綺麗な景色を撮ってない事実に

気付かされました!(笑)
景色だけ撮るのは難しいw

部屋の中で猫さん達を撮影するのも同じですね!?

こういった画も

20180701920

もう少し絞って撮影した方が味が出る(解像度が高くなる?)のかな?

レンズが云々とかカメラ本体が云々言う前に

もう少し自分自身の撮影スキルやら知識というか?「写真を撮影するという行為」に対しての向き合い方を考えた方が良いのかな?とも思いましたが…

それでもやっぱり

20180701922

20180701923

それでも何となくiPhoneなどスマートフォンで撮影した写真(気軽に何処でも撮影できるってのもポイント高いですが)よりかは

デジタル一眼レフカメラで撮影した画の方が好きなんですよね!?

なんででしょうか?(笑)

20180701924

こんな感じでどうにもまとまらない戯言となってしまいましたが、要するに新しいレンズだとかカメラだとか言う前に

もう少し

写真撮影について色々と勉強しなくちゃ!
新しい機材を買わないとは言ってないw

と、思い

Nikon公式のEnjoyニコンから「フォトテクニック」をブックマークしてみた今日この頃です…(汗)

PS:
って、ここまで書いた記事を掲載前に何度も読み直していたら、何だか?新しいレンズやカメラ(Nikon D500とかD750とか)への執着というか?物欲が少し収まってきた?気がしました(笑)

スポンサーリンク

ランキングボタン設置してみました!「ポチッ」とお願いします...
にほんブログ村 BLOG RANKING
にほんブログ村 車ブログ BMW(車)へ(車)
にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ(バイク)
にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(Nikon)へ

 

Follow me!

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。