夏が終わればやって来る!?トラブルの秋!水道の水再び… BMW E61 525i

9月も半ばを過ぎたら残暑も何処かに吹っ飛んでしまい「大分涼しくなって来たよね!?」と思っていた矢先の出来事。つまり約2週間ほど前の出来事だった訳ですが、予約投稿の順番的に10月に入ってから投稿されるなんて思ってもいなかったのは言うまでもありません。少し前に「法定点検は何処で受ける?」なんて記事を書きましたが、確か?その記事が投稿される少し前の出来事でした…

今回はこんなお話。

このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク

冷却水が減ったらLLC(ロングライフクーラント)の代わりに水を入れよう!そうBMW正規ディーラーから教わったのを思い出した出来事・笑

画像と本文は全く関係ありません・爆

猛暑という過酷な環境が過ぎると待っているのは実りの秋?そう!トラブルの種もこの時期見事に実って来るのか?欧州と日本の気候の違いでしょうかね!?寒暖の差に特にゴム関係など劣化が激しい印象な秋ですが

ある朝、愛車BMW E61 525i Mスポーツ 2代目まゆ毛くん(シロまゆ)に乗り込むと「ポ〜ン♪」と久しぶりに聞いた

不幸の通知!(笑)

スミマセン画像は何処からお借りしました<(_ _)>

おぉ、久しぶりに見た!ラジエター関係の警告灯。これはラジエター液、要するにLLC(ロングライフクーラント)の不足を意味する警告灯でしたが、如何せん出勤前の慌ただしい時間帯だったので

季節柄LLCが蒸発でもして自然現象したんだよ!?
良い子はマネせず一旦エンジン切って確認しましょうw

と、そのまま出発!何かしらのトラブルで水漏れ起こしていたら、その内にオーバーヒート警告灯が点くでしょう!?と、この時代オーバーヒート経験があるのも珍しいですが、一応同型同車種に乗り継ぎ9年目の(トラブル)ベテラン?E61乗りとしては

恐る恐る発進したものの、途中でエンジンを切り再始動!

案の定、エンジンが温まった後は冷却水不足の警告灯は点きませんでしたので、水漏れという訳ではなく自然減?まぁ、構造上LLCが減る理由なんて何らかしらのトラブル(例えば燃焼室にLLCが滲み漏れてたり、どこかのホースが破れていたり、ラジエター本体の物理的な破損など)を抱えている訳ですが

灼熱の猛暑の後(丁度、この日は「涼しい」から「寒い」と感じた日)だったので、真夏の間に過酷な環境下で動いていた水回りが気温の変動で水位が下がり、ギリギリのラインで警告灯を点けたんだな?なんて勝手な解釈。

数日間は、エンジンが冷えた状態で始動時にクーラント低下の警告灯が点いていましたが、やはり精神衛生上もよろしくないし愛車の健康上も全くよろしくない状態。

冷却水不足の際に正規ディーラーで勧められた応急処置(←嫌味で書いてるんですよ)

そんな矢先に、やっぱり初代まゆ毛くんでクーラント漏れ(ラジエター交換)修理をした際の事を思い出しました!これはBMW正規ディーラーから教わった必殺技でしたが…

LLCが足らないなら水道水があるじゃない!(爆)

嘘の様なホントの話で、かれこれ7年前!初代まゆ毛くんがクーラントレベル低下の警告灯を出した際に慌てて(ふっ、若いな?笑)クーラントを追加してもらおうと近くのBMW正規ディーラーまで行って際に教わった対処法!

当時の記事はコチラから → クーラント低下 BMW E61 525i

次月には1年点検を受けよう!とも思っていた矢先だったので、とりあえずココはとりあえずの応急処置でペットボトルに水を入れ愛車BMW E61 525i 2代目まゆ毛くん(シロまゆ)のボンネットを開け、リザーブタンクから水道水を給水(汗)

ちなみにリザーブタンクの浮きは見事に沈んでいましたが、モリモリ浮き上がるまでに約300cc程の水道水を追加!

この給水以来、クーラントレベル低下の警告灯は点いてませんので、大掛かりな水漏れトラブルとかではない様子で一安心!?しかしながら300cc程の水道水で比率が薄くなってしまったLLCをこの先このまま真冬まで使用する勇気(凍ってしまったら目もあてられませんし、きっともっと大掛かりな修理が必要な状況に!)は持ち合わせていませんので

1年点検の際にLLC交換をしよう!そうしよう!と決意している訳ですが、ここで摩訶不思議な出来事が1点!

実は、LLCの代わりに水道水をリザーブタンクに入れようとした際に肝心のリザーブタンクのキャップが、しっかり閉まっていなかった感触だったんですよね!?(汗)

仮にリザーブタンクのキャップが緩んだ際にLLCが蒸発した!なんて妄想ちっくな御都合主義の出来事が今回の原因とは限りませんが、あれは幻だったのでしょうか?(笑)

勝手に緩んだりするもんですかね!?リザーブタンクのキャップって…(汗)

などと、半分以上は初代まゆ毛くんのトラブルの際に「水道水入れとけよ!」と言われた某ディーラーへの不信感を思い出してしまったが為だけの記事でしたが、今回のお話も(怒りが爆発する前に・笑)この辺で〆

 

スポンサーリンク


Follow me!

管理人が選んだオススメ記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。