け、決して優柔不断なんかじゃないんですからね!? 結局どちらにするか決めれなかった話… Nikon D750

はい!ガンプラ騒動からガンダムフィギアに乗り換え買い漁ったガンダムフィギアを飾る為にガラス張りのショーケースを購入したものの、飾ったガンダムフィギアさん達をデジタル一眼レフカメラで綺麗に写すにはマクロレンズが必要だよ!とここまでが前回までのあらすじ(笑)今回のテーマも「マクロレンズ」で、こんなお話。

テーマ:マクロレンズ

このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク

どちらにしようかな? Ai AF Micro Nikkor 60mm F2.8D と Ai AF Micro Nikkor 105mm F2.8D

事の発端としては、G系レンズよりもコスパの良さそうなD系レンズに絞り、某オークションサイトでマクロレンズ Nikon Ai AF Micro Nikkor 60mm F2.8DとNikon Ai AF Micro Nikkor 105mm F2.8D を探したものの、やっぱり中古レンズはカメラ屋さんで購入すべきでは?という謎の衝動からカメラのキタムラのWEB中古を覗いて見たら

ナント!近くの実店舗で105mmと60mm両方販売している事が発覚!

足を伸ばせば、その日の内にレンズを購入して持って帰って来れるかも?なんて衝動に狩られ、善は急げ!と愛車BMW F36 420i グランクーペ Mスポーツ 3代目まゆ毛くん(シタまゆ)で大宮まで突撃!(笑)

大宮にあるステラタウン内のカメラのキタムラさんだったのですが、ステラタウンに来るのも初めて。駐車場には発券機がなく何でも入庫時にナンバーをカメラで撮影され、帰る時にナンバー照合して精算するというハイテク方式に一瞬躊躇するも、実は短時間の滞在だったにも関わらず同じナンバーのBMWが映っていたという摩訶不思議現象を体験してしまったのは最後まで秘密(笑)

閑話休題。初めての店内を迷いつつ、カメラのキタムラさんを無事に発見!Nikonのレンズが飾ってあるショーケースを探すも60mm F2.8Dは見つけたのですが、105mm F2.8Dが見当たりません(汗)

恐る恐る店員さんに「WEBで見てから来たのですけど105mmありませんか?」と尋ねると不機嫌そうに一緒にショーケースまで足を運び「これですか?」と60mm F2.8の後ろに陳列されていた105mm F2.8Dを出してくれました。

あぁ、焦って探していたから奥に2列目があったなんて気付きませんでした…orz

まぁ、気を取り直して60mm F2.8Dと105mm F2.8Dの両方を比較したかったので、2本ともケースから出してもらい自宅から持ち出してきたNikon D750と撮影サンプル用のフィギア(爆)をバックから取り出し試写の準備。

それにしても、それなりの年式であろうMicro Nikkor 60mm F2.8D と Micro Nikkor 105mm F2.8Dでしたが実物は想像以上に外見が綺麗だったのが1番の衝撃(汗)

そんな期待に胸を躍らせつつ、恐る恐るレンズ交換。

Micro Nikkor 60mm F2.8D 試写撮影サンプル

まずはMicro Nikkor 60mm F2.8D で現場猫を撮影!オートフォーカスで何処まで寄れるのか色々な角度からピント合わせしてみましたが

これ凄いですね!?(爆)

マクロレンズって、ここまで寄れるんですね?実際には店員さんが目の前にいたので正直、緊張と要らない遠慮でサクサクっとしか撮影できなかったんですけど

流石!マクロレンズと言ったところでしょうか?しかもF2.8なのでボケ具合もバッチリです。玄人的には絞り羽根の枚数からボケが円形にならない事がマイナスらしいのですが、いやいや素人にはこれで十分では?(笑)

Micro Nikkor 105mm F2.8D 試写撮影サンプル

続いてMicro Nikkor 105mm F2.8D で試写。やっぱり105mmだと、ここまで寄ってもカメラを構える体勢に余裕があります。まぁ、実際には室内で撮影するのに 60mm 、野外での撮影用に105mmと使い分けられたら良いのでしょうけど

如何せん、今回の目的はガンダムフィギアの撮影ですからね!?(爆)

店員さんにも同じ事を聞いて見ましたが「室内での撮影なら60mmじゃないですか?」とつれない返答(笑)この後、オートフォーカスではなくマニュアルで撮影を繰り返しつつ、実際には60mm も 105mm も甲乙付け難く

見た目も綺麗だし、60mmも良いし105mmも良いんだよなぁ… ど〜しようかな?フィギアだけなら60mm?でも105mmでも撮影して見たいしなぁ… なんて思考回路はエンドレス状態(汗)

結局、60mm F2.8D と105mm F2.8D 何方か決められずに帰宅しましたが何か?

この日は、結局どちらか1本に決めきれなかった訳ですが、やっぱり足を運べる範囲内で実際の店舗に欲しいものがあったのは運命の導きだったりしたのでしょうか?(笑)

最後に意味深な画像(結局何を買ってきたんだ!←ワザとらしい)を載せつつ、今回のお話も唐突にこの辺で〆、次回に続きます…

スポンサーリンク


Follow me!

管理人が選んだオススメ記事

け、決して優柔不断なんかじゃないんですからね!? 結局どちらにするか決めれなかった話… Nikon D750” に対して2件のコメントがあります。

  1. T.O より:

    両方とも買いです。
    両方のマクロレンズを持っています。使ってくると両方の良さがわかってきますので両方とも是非購入してください。マクロ撮影はオートフォーカスよりもマニュアル撮影にした方がいいと思います。私は60mmもマニュアルで撮影しています。もう一つai55mm f3.5 第5世代というマクロレンズも買いです。こちらのレンズは対象物にもっと近くまで寄れ、小さくて軽く風景まで撮れる万能レンズです。オクで探して見てください。このレンズは第5世代が一番いいです。撮影技術も随分向上しましたね。

    1. ageha より:

      T.Oさん、こんばんは!

      そうなんですよね、マクロレンズはやっぱりマニュアル撮影が良いのかなぁ… なんて試写の時に感じましたが、やっぱり60mmと105mm両方「買い」だったんですよね… 55mmも探して見ます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。