これなら まだまだ現役でいいデスよね!? Nikon D90 で 紅葉フォトツーリング …

前の前のツーリングでの出来事を思い出しながら書くって、中々 めんどうに 難しく 感じるのは自分が歳を取った証拠でしょうか?(汗)この日は、お昼近くからバイクの時間に突入。

紅葉きらめく山間をバイクで走るのが目的ならデジタル一眼レフも必要でしょう!?という謎の使命感に駆られパニアケースにはNikon D90 & AF-S DX NIKKOR 16-85mm f/3.5-5.6G ED VR を忍ばせ出発!

今回(前々回の記事と同じロケーション)そんな、なんちゃってフォトツーリングです…

このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク

デジタル一眼レフカメラ Nikon D90 でフォトツーリング

まずは梅田湖にて休憩。ヘルメットと背後の看板との微妙な遠近感がお気に入りの1枚(構図に特に意味はない)また、結局の所 勢いで購入した フルサイズ一眼レフカメラ Nikon D750さんをバイクのパニアケースに入れて持ち出す勇気が出なかったので

ツーリング時のカメラは必然的にセカンドカメラに降格した Nikon D90さんの出番となった訳ですが

Nikon のDXフォーマット(要するにAPS-C)Dシリーズ二桁機の最終モデル?であるD90(CMOS 12.3Mピクセル)さんも2008年9月発売ですから10年選手となってしまいましたが

まだまだ現役!

味のある画が撮れますね!?
けっしてきれいなえとはひょうきしないw

キットレンズの18-105VR と 16-85 VR どちらが良かったのか?

自分が所有しているNikon D90さんは本体のみの購入でしたので、当初は当時のサブ機(まぁ、今でも所有してますが)Nikon D70のキットレンズである AF-S DX Zoom-Nikkor 18-70mm f/3.5-4.5G IF-ED で撮影していたのですが広角16mmスタートの AF-S DX NIKKOR 16-85mm f/3.5-5.6G ED VR を購入以来

ず~っとNikon D90で常用していますけど

この選択、Nikon D90 のキットレンズであるAF-S DXニッコール18-105mmF3.5-5.6G ED VR と比べた場合に

一体、どう?だったのでしょうね!?
個人的には16-85で大満足なのですがw

富弘美術館から草木湖を撮影

今回、フォトツーリングだったので流石にAモードとかSモードとか気を配る余裕はなく全てPモードで撮影(笑)それというのもフォトツーリングの場合…

バイクを停めて手袋外してヘルメット脱いでパニアケースからとバック出して

バックからカメラを出して

撮影準備完了!
その後、撮影ポイントまでトボトボ移動w

と、撮影までに手間がかかってしまうのは言うまでもありません(笑)

やっぱり風景は広角がイイなぁ(笑)

DXフォーマットって標準レンズの広角が18mmスタートが多い中、たった2mmですけど、されど2mm。この何となくイイなぁ…が欲しくて16mmスタートのレンズを選んだ訳ですが

ツーリング用には

20180624044

SIGMAの17-50 F2.8 が、密かに今でも「欲しい!」と思っちゃっている事は内緒にしておきたいトコロですね!?(笑)

少し望遠側でも撮影!

16-85 VR は、そんなに明るいレンズでもないのでボケ味が欲しいと望遠側を多用する事になりますが、16-85 VR の後継機である VR 16-80 E(こういう表記で通じます?正規表現してみると Nikon 標準ズームレンズ AF-S DX NIKKOR 16-80mm f/2.8-4E ED VR となりますが…)は

ワイド端 F2.8 で テレ端 F4 ですからね!?
16-85はf/3.5-5.6

これ少し欲しいかも?とも思いましたが

某密林サイトでは、新品で VR 16-80 E は10万円(汗)型落ちとなった前モデルである 16-85 VRは約5万円(これも新品ですが、自分が購入した際は8.5万円)で購入出来ちゃいますからね!?

今から購入するなら

一体、どちらがオススメなのでしょうか?(笑)

約束の場所で記念撮影

それでも 色々と萎えた「この日」の ツーリングに態々デジタル一眼レフカメラを持ち出して良かった!と思えた写真達(笑)今は亡き(い、いや売却しただけですが)SUZUKI GSX400 インパルス(愛称:インパルス君(黒男))で

記念撮影した思い出の場所にて

BMW R1200R(2010)B玉号と撮影!

この場所から見える山の紅葉の縞々感が、お気に入りだったのですが今回B玉号でも綺麗な写真に収める事が出来て大変感激だったりするのです!

前回の記事では、iPhone 6Pluseで撮影した画像を記載しましたが…

やっぱりデジタル一眼レフで撮影した方がカッコイイ!(爆)

約10年前のカメラとレンズである Nikon D90 & AF-S DX NIKKOR 16-85mm f/3.5-5.6G ED VR の組合せも中々捨てたものじゃぁないデスよね!?

当面の間、フォトツーリングに行ける際は

この組合せで出かけよう!
注:パニアケース時に限るw

と思います(時々、単焦点レンズも使いたくなりますが・笑)

と、いったトコロで、最後は今回のフォトツーリングで一番のお気に入りの写真で〆

Nikon D90 まだまだ現役でゴザルよ(笑)

スポンサーリンク


Follow me!

これなら まだまだ現役でいいデスよね!? Nikon D90 で 紅葉フォトツーリング …” に対して2件のコメントがあります。

  1. T.Otsuka より:

    おすすめは単焦点レンズ
    ズームレンズは1本あればいいのでは。どんな高価なズームレンズでも、明るい単焦点レンズにはかないません。風景などでも色の階調が違います。ズームレンズは楽に取れますが、いずれ飽きてきます。写真は足で撮れとベテラン写真マニアの人が言っていました。とりあえず、フルサイズ用のF1.4の50mmレンズはどうでしょうか。ボケもいいですが、絞った時の色味もいいですよ。D750で50mm D90で75mmとなりますので両方のカメラで違う画角を楽しむことができます。

    1. ageha より:

      T.Otsuka さん、こんばんは!

      似たような焦点距離のズームレンズだったら単焦点の方が面白そうですね!?仰る通りに考え方を変えればフルサイズで50mm、DXで75mm。1粒で2度美味しい…

      フルサイズ用の50mm F1.4(新・旧ありますよね)は以前から気になってはいたのですが、DX併用だと既に持っている50mm f1.8でもいいカナ?なんて思っていたので今度、詳しく調べてみます!<(_ _)>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。