歴史は繰り返すのだよ… 10年ぶりに電子ドラムを購入しちゃった話 Roland TD-4 KX

はい!とうとうこの話を書く日が訪れるとは… まぁ、これも巣篭もり消費の一環と捉えれば極々自然な話(いや、それはちょっと・笑)になりそうな昨今。今回のテーマは「マンションで電子ドラム」で、こんなお話。

テーマ:マンションで電子ドラム

このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク

賃貸でも木造じゃなくてRC造のマンションだったら電子ドラム叩けるんじゃないかな?という疑問に答えてみる…

電子ドラムといってもピンキリで全てが全て万事OKという訳ではありません。妥協しなくちゃいけない部分もあったりする訳ですが… 遡る事、約10年前。冬のボーナス注ぎ込んで購入した虎の子の電子ドラム Roland TD-9 KX2-S

当時は中級機種(いや、ビギナーの上位版かな?)の位置付けで、ALLメッシュパッドは勿論の事、ハイハットもスタンドに取り付けるVH-11が標準装備されていたセットになります。

猫さん達も約10年前のお姿で参戦!(爆)

電子ドラムの騒音を配慮して大晦日にホームセンターまで足を運び作成した防振台、俗に言う「タイヤふにゃふにゃシステム」も今となっては懐かしい?

結果的に電子ドラムというものは、「めっちゃうるさい」はずのドラムが「うるさい」になるだけで「静か」になるわけじゃない事を実感した出来事で

電子ドラム 騒音 振動 そして 苦情 

購入後、数ヶ月で隣室から「ピンポンダッシュ」&「壁パンチ」のクレーム(涙)まぁ、当時は木造2F建ての賃貸でしたからね!?当然といえば当然の結果に購入後、半年(演奏時間にしたら50時間いかなかったのでは?)で売却するはめとなった懐かしくも香ばしい記憶…

あれから約10年。現在住んでいる物件はRC造の3F建てマンションの3F。しかも、1LDKの寝室だったら構造的にも隣室は(多分)お風呂なので時間帯さえ間違わなければ(深夜だったり早朝だったり)これ、電子ドラム叩けるんじゃない?なんて欲望が沸々と沸いていたのは最後まで内緒にしておきたかったトコロでもありますが…

かと言って、再び物欲に流され30万円もする最新型の電子ドラムを購入しちゃうほどお茶目な性格ではありません(笑)某オークションサイトを物欲を闘いながら閲覧する日々が例え落札しないでまでも「楽しい日々」だったのも事実だったりしたのですが…

とうとう落札しちゃいました!(爆)

今回、落札したのはRoland TD-4 KXという、やっぱり10年ほど前の機種(それでもTD-9よりは後に発売された機種じゃないかな?)で V-Compact Series の初期のもので、一応ALLメッシュパッドの機種になります。

これ、最近のTD-1シリーズと比較しても「見た目」的に許せるギリギリの範囲かな〜なんて…

実際に落札し手元に届いたのは7月下旬だったんですけどね、散らかっていた寝室の片隅を大雑把にお片づけして設置開始!Roland TD-9シリーズと比較すると廉価版のイメージですが、その分「お安く」手に入れる事が出来ました。

送料込みで4万円。何故か?PayPayに¥15,000ほど残高があったので差し引きで25,000円程で購入。

まぁ、Roland TD-9 KX2-Sを購入した時ほどの「熱い想い」があった訳でもなく不要不急の外出が「悪」と後ろ指を刺されるくらいなら部屋に引き籠って趣味に没頭しよう!そうしよう!という思いからの今回の無駄遣い(笑)

じゃ〜ん♪完成!

中古の電子ドラムってYAMAHAにせよRolandにせよメッシュパッドが汚れていたり、シンバルの黒色部分が白っぽく劣化していモノが多いのですが、今回落札したRoland TD-4 KX は結構綺麗な部類に入るので満足感が違います。

また V-Compact Series と謳われている様に、ミニマムなセッティングであれば設置面積もTD-9と比較して2/3程の面積で設置可能。そして防振台は今回パス、その代わりに…

静音キックトリガー Roland KT-9 を新品で別途購入(爆)ビーターの付いた通常のキックペダルとKD-8もセットにはいっていましたが、こればかりは絶対に打撃音半端ないだろうなぁ… と思い静音、低振動の新型キックトリガーを導入。少しだけビーターの付いているタイプ KT-10 と迷いましたが、ここは操作性や感触よりも

振動レスを選択!またハイハットもRoland TD-4 の場合、VH-11(ハイハットスタンドに取付けるタイプ)も使用出来るのですが、アレもスタンドがガチャガチャ煩いので今のところは我慢、我慢…

しかしながら、やはり中古品。ハイハットコントローラーの接触がちょっと悪そうだったので(↑)の保守部品を別途購入、ちなみに純正品ではなく3Dプリンターで製作された同等品(汗)それでも「この」部品を交換したらフットスプラッシュなど感度復活!¥700でした。

あとですね、通常のRoland TD-4 KX は平たいPDX-8というメッシュパッドがスネアとフロアタム用にセットされているのですが(タムはPDX-6)今回、結構お安く落札できたので

本体セットとは別に PD-105BK という胴の深いモノ(TD-9 KX2-Sのセットと同等ですね)を落札(汗)フープ部分のゴムが多少劣化してましたが、此方も美品で大満足!

また騒音や振動を気にして別途購入したKT-9でしたが、これも大正解!多少ビーター付きのペダルと比較すると違和感はあるものの本当に振動レスで信じられないくらい静かに演奏が出来ます。

TD-4自体が廉価版なのでクラッシュやライドシンバルはセンサーが半分だけのCY-8が標準ですね、それでもハイハットのCY-5含め、シンバル類が綺麗なのがとてもポイントが高く満足感に繋がっています。

  • 本体セット(Roland TD-4 KX・中古)¥25,000
  • 深胴のスネアパッド(Rorand PD-105BK・中古)¥12,500
  • 静音キックトリガー(Roland KT-9・新品)¥18,500

椅子とスティックもセットだったので、総額¥56,000で「それなり」の電子ドラムのセットを用意出来ました!ライドシンバル用にCY-13Rとか追加すれば3シンバル構成もいけますね!

スタンド型ハイハット VH-11(現行はVH-10)もそのうち買っちゃいそうで怖いですが…

結局のところ、セットアップした後3週間程経っていますが、その間の3連休や今回のお盆休みなど休日の昼間〜夕方にかけて、また仕事から帰宅後に1時間ほど控えめに練習してたりしていますが

今のところ管理会社からのクレームやら隣室からの壁パンチ&ピンポンダッシュはない模様(汗)願わくば、今回ばかりは、このままひっそりと練習できる環境が続けばよいなぁ… と思いつつ、気が向いたら今更ながらRoland TD-4KXについてもう少々詳しく記事を書こうかな?と目論みながら今回のお話もこの辺で〆

スポンサーリンク


Follow me!

管理人が選んだオススメ記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。