CMOSセンサー の ホットピクセル を 発見… Nikon D90

2013102601

先日、物欲に負け購入したデジタル一眼レフカメラ Nikon D90さんですが、ちょっと気になって晴天の日に空を撮ってみました!

取付けたレンズは

AF-S NIKKOR 50mm f/1.8G で SS 1/50秒 f/16 を使用しての撮影です!

このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク

ViewNX2 で ホットピクセル を 発見?

2013102603

一応、D90本体のセンサークリーニングを行ってから撮影してみましたが ViewNX2 で画像を×2.0で確認してみると赤枠内の様な小さなシミを

5〜6カ所発見してしまいました(汗)

さらに

気になったところがあったので ×4.0 で再確認すると…

2013102602

なんだろう?この赤い点??なんてWEBで調べてみると

ホットピクセルと判明しました(汗)

要するに撮影素子のドット抜けです…orz

それでも酷いものは、数ヶ所抜けてる場合もあるとか?ないとか?自分の D90 は1カ所だけのようなので不幸中の幸い?あまり気にしない(流石!大雑把なO型遺伝子)ことにしました(笑)

だって

Nikon D90の画素数は12.3メガピクセル

メガ=100万ですから、12,300,000ピクセルです。12,300,000人の撮影素子さんが居たとして、その内の1人がお亡くなりになってしまっただけですから…

確率的に

約0.00008%の確率で「ホットピクセル」さんと出会えたわけです(笑)

ものは言いよう!

ホットピクセルさんと運命の出会いです(爆)

などと

訳のわからない屁理屈な現実逃避は置いておいて、WEBでほっとピクセルの対処方法を検索してみましたが、一応Nikon SCに修理に出せばピクセルマッピングでつぶしてくれるらしい?という事が判明しました!

ですが

保証外修理なので修理代が13.5K位かかるらしいです…

この後、半年くらい様子をみて Nikon SC には点検とローパスフィルターの清掃くらいは一緒にお願いしてみようと思います(・∀・)

ちなみに

サブ機に降格した Nikon D70 も同じ日に同じ様に空を写して調べてみましたが、数カ所(流石にD90よりかは多い)シミ状に映り込んでる部分があった以外

ホットピクセルの様な撮影素子のドット抜けは確認できませんでした…

もしかして

Nikon D70君は出来る子なのか?(笑)

後日談:

Nikon D90 落下修理完了(ホットピクセルも修正してもらいました)

スポンサーリンク


Follow me!

管理人が選んだオススメ記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。