粕尾峠 から 足尾(ぼっち)ツーリング! GSX400 インパルス type S

日曜日は(ぼっち)ツーリングの日!(笑)今日こそは!と気持ちだけ頑張るも「いつも通り」外出する時間がお昼過ぎになってしまうagehaです…orz

SUZUKI GSX400 インパルス type S 愛称インパルス君(黒男)が納車されて3週間目!
(ちなみに愛称の読み方は「いんぱるすくんかっこくろお」です)

免許取得後、公道の運転440キロ!
↑まだまだですねぇ…

今日の目的地は粕尾峠を経由して足尾方面に足を伸ばしてみる事にします!

このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク

県道15号線 ~ 粕尾峠 ~ 足尾方面へ

2016070301

「清流の郷かすお」に到着!ここで、ちょこっと休憩です!時間も中途半端なせいか?バイクでの団体さんの姿は見えません、2~3人のグループがチラホラ…

勇気を出して、お店の中でお蕎麦でも食べよう!と千円札を握りしめ店内に入ってみると

「本日は終了しました!」の看板(汗)
空いてる訳です…orz

握りしめた千円札をそっとポケットに戻し、何事も無かったよう平然を装いながらお店の外に出て(笑)缶コーヒーを飲んで再出発!

途中までは、前日光ハイランドロッジに行った時と同じ道順です…

2016070324

2016070905

前回と違うところは、魚釣りが解禁されたようで沿道に車を停めて川まで降りて魚釣をしている人たちがいっぱいでした!日差しも強く道端にテント張ってる人もいました(笑)

それにしても

今日はホント良い天気です!

景色が綺麗で、つい景色に見とれているとインパルス君(黒男)があらぬ方向へ!(汗)バイクは見た方向に曲がる性質がありますので、よそ見厳禁!あぶない、あぶない…

まだまだ

バイクの運転は初心者ですね…orz

その後も自分のペースを守って「ふん、ふん」走っているとバックミラーに追い上げてくるバイクの姿を確認しましたのでスピードを若干下げ

少し左側によって

「お先にどうぞ」

そんなagehaの横を走り去ったバイクの後ろ姿を見てみると、同じSUZUKIのバイク…GSX400Sカタナでした!

かっちょいい!

61kO9LV18uL

ばくおん!! 鈴乃木凜&GSX400Sカタナ 1/10スケール ABS&PVC製 塗装済み完成品フィギュア

はい、もちろん運転してた人は女子高生ではありません(汗)

その後、SUZUKI GSX400Sカタナは結構な速度で右に左にコーナーを抜けて行きました!あんな風に運転出来たら楽しいだろうなぁ?と思う反面…

他人は他人

今日も自分のペースでスーパー安全運転です!

2016070904

2016070902

所々で端に停めiPhone6 Plusで記念撮影!スマホだと気軽に撮影できて良いのですが、やはりカメラ小僧(見習い)のagehaとしては、こんなに景色が綺麗だと

一眼レフ担いで出かけたい衝動にもかられます!

インパルス君(黒男)のシート下の収納に一眼レフが入るようだったら、今度は一眼レフを持ち出してフォトツーリングでもしてみようかな?

結果:無理でした(笑)→大平山 フォトツーリング っぽい何か… GSX400 インパルス type S

なんて、呑気な事を考えていたら一大事!キーホルダー代わりに鍵にぶら下げていたダンボーが

また挟まっていました…orz

参照記事:ダンボーと(ぼっち)ツーリング! GSX400 インパルス type S

急いでバイクを停めてエンジンを切り、ハンドルの隙間から慎重にダンボー救出作戦を展開するageha(笑)

2016070901

なんとか救出成功!

ちぎれて無くす前に気付いて良かったです!これからは「そこ」が定位置、鍵の取り扱いには、気をつけることにしました…

2016062122

2016062123 

気を取り直し、粕尾峠に突入!狭くクネクネした峠道を右に左に登って行きます!前日までの雨のせいか?日陰の路面はまだ乾ききっていません(汗)

それでも

タイヤのグリップ具合を確認しつつ、前回よりバイクの挙動と姿勢を意識して運転できたと思います…

粕尾峠の頂上

2016070325

峠道を登りきりると鹿沼方面と足尾方面への分岐点に無事に到着!ここでバイクから降りて一息休憩していると二人組のライダーさんが後から到着!

もそもそインパルス君(黒男)を押してると目があったので軽く会釈…

ライダーさん「SUZUKIですか、かっこいいバイクですね?」
(ぼっち)ツーリングで初めて他の人と話をしました!(笑)

嬉しくて、しどろもどろな状態でしたが(汗)二人はagehaよりちょっと年上の雰囲気でオフロードタイプと昔のネイキッドタイプに乗ってました!
緊張していて車種までわからなかったです(笑)

しかも

話をしていると二人とも出身は群馬(住んでる場所は栃木と群馬)の様で、agehaも「地元は群馬なんですよ〜」って…

以後、「グンマー」話に花が咲きますwww

この後、足尾まで二人で走って群馬と栃木に分かれて解散らしく、agehaも目的地は足尾だったので「足尾って初めてなのですが、何かあります?」って聞いてみたら

二人とも顔を合わせて

「足尾…何もない…足尾銅山?」(笑)

「では、気をつけて」とお互い挨拶し
※ここで「足尾まで一緒に行きませんか?」と聞けないところがagehaクォリティw

また会えたら声かけてくれたら嬉しいなぁ…と心の中で思いながらインパルス君(黒男)に跨り…

(ぼっち)ツーリングの再開です!

粕尾峠 足尾側

2016070319

初めて走る、粕尾峠の足尾方面です!あるブログでは粕尾峠を「鹿沼側と足尾側で見せる顔が違うが、性格がどことなく似ているという、面白い姉妹峠」と説明してましたが…

あるBLOGより引用 〜粕尾峠〜
鹿沼側と足尾側で見せる顔が違うが、性格がどことなく似ているという、面白い姉妹峠。路面自体はマンホールも無く、大型車も通らないためひび割れも無い。しかし、道幅が不規則。ブラインドコーナーにはミラーがしつこいほど付いているので安心と言えばそうだが、そのおかげで右コーナーなのに左を見ながらアプローチと言う諸問題が…ちなみに、全工程の3割はブラインド。車にとってこれほど怖い道は無いのではないだろうか?独特のリズム、先が読めないから怖い。逆に言えば、先が読めれば面白い。スピード域も低い。つまり、先導車がしっかりと誘導すれば、初心者も上級者も同じ速度で楽しめる優秀な峠。上級者も結局はこの峠のペースに飲まれて、みな同じ速度に落ち着くので誰でも楽しめる。

何となく言ってる意味がわかりました!(笑)

足尾に到着

2016070302

2016070303

青看板を発見!ここを右に向かえば日光ですね?いつの日か、いろは坂〜華厳の滝にチャレンジしてみたいものです!でも今日は、目的地が足尾なので左に曲がり…

大きい赤い橋を渡って無事に到着!なぜか?誰も居ない駐車場にインパルス君(黒男)を止めて休憩です!自販機だけはしっかり営業してましたので

缶コーヒー買って休んでいると…

2016070318

足尾銅山観光の入り口かな?

人がチラホラと歩いています!ここからは陰になって見えませんが、どうやら向かって右側に観光用の大きな駐車場?があるようです

が…

混雑した場所は面倒なので「ここ」で十分!

そくそくと帰路につきます(笑)

2016070317

2016070305

2016070304

せっかく来たのだから「あの」赤い橋を写真に収めたい!と、なんとかバイクを止められそうな場所を探して撮影タイム!時間は、午後3時ごろ?天気も良く山の緑が綺麗です!

めっちゃ暑いけど…orz

ここまで来ると

流石に観光地だけあって日光方面に行くバスやら戻ってくるバスやらでそれなりに車の通りが多いので…

バイクの運転は、十分に気をつけないとですね?

帰路は足尾方面から再び 粕尾峠

2016070306

2016070316

2016070315

県道15号鹿沼足尾線に入りました!

山間の緑が綺麗だったので記念撮影していると…

あれは…

落石を発見!
石ではなくコンクリート片ですが…

そして粕尾峠に入ると

2016070314

ここでもまた落石あり(汗)

今度のは大きいです!こんなのが当たっら死んでしまいます(汗)この大きさだと車でも危ないですよね?往路でも気になっていたのですが、走行中は

避けるのに精いっぱい!

足尾方面からの帰路は谷側が走行車線になるので…

余裕を持って写真撮影(笑)
いや、そんなことより石をどかしましょうw

2016070313

当たり前ですが、帰路の粕尾峠は足尾方面からの登りで始まります!前に一生懸命登っている車がいたのですが、一向に道を譲ってくれる気配はありません…

めっちゃ頑張って走ってます!

なので、少し停車して間隔をあけてみます…

2016070312

2016070307

後ろから煽るつもりもありませんし、右から無理やり抜かすつもりもありませんが、ただ後ろにず〜っとバイクがピッタリ着いている

と、いうのも…

車の運転者からしたら嫌だろうなぁ…

と思った次第であります(汗)

それにしても

やはり、カッコイイ!SUZUKI GSX400 インパルス type S!ちなみに知ってましたか?このクーリーカラーの黒ラインは…

塗装じゃなくてシールなんです(笑)

そんな感じで

写真を撮りながら時間を潰し車間を開けてから再スタートしたわけですが、頂上付近で先ほどの前の車に追いついてしまいました(汗)流石に今度はハザード出して「先に行って」の合図があったので…

失礼のないよう「シュボボボ〜」と車を抜かすインパルス君(黒男)

ツーリングの謎ルール

2016070310

その後、順調に鹿沼方面を下っていくと10人〜15人位のマスツーの団体さんが狭い車道の左に連なって停車してます…

いったい何事ですか?(汗)

止まる訳にもいかず

右側を「シュボボボ〜」って抜かしましたが、agehaが抜かした途端に団体さん再出発!

こ、これは…

抜かしてはイケナイやつだったのでしょうか?(笑)

勢いよく後ろから追い上げてくる団体さん(な、なぜ?)数カ所コーナーを回ったところで左脇に拓けた場所があったので

一時避難です…

2016070311

停車したインパルス君(黒男)の横をスイスイ通り過ぎて行く先ほどの団体さん達…さっきは何故?止まっていたんだぁ…orz

ツーリングの謎ルールをもっと勉強しないと駄目ですねぇ(笑)

それにしても、さっきの団体さんも「こういった場所」で、まとまって止まっていた方が自分たちも安全なのでは?と思うのはagehaがツーリング初心者だからでしょうか?

何か?あのコーナーが連続する途中の狭い車道で連なって止まらなければいけない理由があったのでしょうか?

真実は一向に謎です(笑)

2016070308

2016070309

まぁ、agehaは自分のペースで写真撮りながら(他の人に迷惑をかけないよう)走れれば、それで良いので…

決して峠小僧を目指している訳でもないですし

あまり気にしない事にしました!(笑)

それでも

今回の下りはコーナー出口への視線と体重移動に注意して(初心者にしては)結構、上手に走れたのではないかなぁ?

と、自画自賛です(笑)

「清流の郷かすお」から粕尾峠を鹿沼方面から足尾方面への往復80キロ!自宅までの距離を足せば、今週も合計で往復120キロです!

ベテランライダーさんからしてみれば全然な距離なのかもしれませんが

バイク初心者のagehaにとっては…

まだまだ長距離に感じた往復120キロでした!

スポンサーリンク


Follow me!

管理人が選んだオススメ記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。