5シリーズ から 4シリーズ に乗り換えて戸惑った事… BMW F36 420i

はい!納車3日目(納車後48時間経ってませんが何か?笑)にルーフサイドに飛び石キズ4つを発見してしまった愛車BMW F36 420i グランクーペ Mスポーツ 3代目まゆ毛くん(シタまゆ)ですが、今は一旦そのお話は置いておいて(爆)長年乗って来た5シリーズから初めて4シリーズに乗換えてみて戸惑った事の紹介記事。今回のテーマは「Dセグメント」で、こんなお話。

テーマ:Dセグメント

このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク

10年ひと昔、BMW E61 525i と BMW F36 420i を乗り比べて戸惑った事

BMW E61 525i ハイライン 初代まゆ毛くんに7年、同Mスポーツ 2代目まゆ毛くん(シロまゆ)に1年と少々乗り継いできましたが、基本的にセグメントで言うところのEセグメントの車を所有してきましたので、Dセグメントの車は久しぶり。

20代の頃に所有していたM.B 190E と Audi 80 以来なので実に20年ぶり?(爆)

歴代の愛車

そんなBMW F36 420i グランクーペ Mスポーツ 3代目まゆ毛くん(シタまゆ)ですが、納車当初はウキウキで気になりませんでしたが時間を重ねるにつれて何だか違和感。その違和感の正体ですが…

  1. STARTボタンがハンドルの左側
  2. 灰皿が存在しない(車内では吸わないけど)
  3. iDriveでiPodのプレイリスト指定方法が不明(後に解決)
  4. ナビのサブ画面がノースアップ(同・解決済み)
  5. ハンドル位置の調整がアナログ
  6. 電動パワステの効きの違い

以上の6点。まず初めの「STARTボタンがハンドルの左側」というは代車でお借りした事のある最近のBMW(要するにE61以降の車)で経験済みではありましたが、実際にコレ自分の愛車となると違和感が中々抜けずに今でも乗降車の度に右手が動いてしまうのは本当に内緒(笑)こればかりは所謂「本人の癖」なので、いつの日かF36に躾される日が来る事になるのでしょうけど…

2. 今の車は車内に灰皿が存在しないんですね

初代まゆ毛くん〜2代目まゆ毛くん(シロまゆ)に引き継がれた遺品達。逆説的に説明すると2代目まゆ毛くんで使用していた小物系はこれ以外何も残っていないとも言う(あと25年選手のボックスティッスカバーと思い出のサンシェードがありますが・汗)

納車二日目!これが定番ライトチュ~ン!? またつまらぬものを買ってしまった… BMW F36 420i

しかしながら(上の画像、左)YupiteruのWi-Fi機能付き16GBのSDカードは残念ながら前機種であるZ800DR用に購入したので3代目まゆ毛くん(シタまゆ)に取付けたZ828DRには中身を書換えないと使用出来ないという事実が発覚。WEB上から申込(¥2,000なり)するも、いざ発送の段階で行方不明状態なのは今は秘密… ホント、一体何処に紛れてしまったのかしら?(謎)

閑話休題。んで、USBシガーソケットを3代目まゆ毛くんに取付けようかな?と思ったところ…

今の車って灰皿が付いてないんですね?(いや、運転中は吸わないので禁煙車でいいのですが)しかも、灰皿に見立てていた蓋の内側はドリンクホルダーになっているし、肝心のシガーライターなんてダミーですからね!?

これではシガーライターではなくシガーソケットのカバーという位置付けになりますが、灰皿ないからシガーライターは付属せずにシガーソケットとして給電にお使いください。も分かります。が、そもそもシガーライターにせよ、シガーソケットにせよ、シガーって「葉巻」を指す言葉でタバコって意味ですからね!?

そんな蘊蓄を垂れつつ、初代まゆ毛くん購入時にBMW正規ディーラーで購入したBMW純正アクセサリーのUSBチャージャーの取付け。この一口タイプは今では廃盤の商品になりますが

当時は緑のランプが何故かお洒落に感じデュアルじゃなくてシングルを購入。

現在ではUSB-type C用も販売されていますが、とりあえずセンターコンソール内のUSBはiPod nanoが独占してますのでフロントのUSB給電用にこのまま使用する事になりました。(スマホやらの充電には十分ですよね)

amazonで購入する:BMW純正アクセサリー USBチャージャー (デュアル) 65412411420

ちなみにリア用にUSBデュアルチャージャー購入しちゃった(爆)ので、一緒に紹介しようとも思いましたが他にも「つまらないもの」を結構一緒に購入していたので別ネタとして、後日恒例の「またつまらないものを〜」で投稿する事になりました。(汗)

3. iDriveで繋げたiPodのプレイリスト指定方法が不明(後に解決)

既に解決済みではありますが(これも別記事で詳しく紹介予定)BMW E61 525i ではBMW純正オプションのiPodインターフェースを取付けていましたので、その操作に慣れきってしまった身としては

新しいiDriveでの操作はチンプンカンプン!(爆)

センターコンソール内にiPod nano を接続 > マルチメディアを選択 > 接続中のiPodを指定。ここまでは感覚的に分かるのですがiPod nanoに設定してあるプレイリスト(納車前の5時間で必死で作成・笑)に

ど〜やっても辿り着かない現実(笑)

iPod nanoに収録されている楽曲がアルファベット順の50音順で一覧表示されてしまう現実に取説読んでもプレイリストの指定は乗ってないし、WEBを探しても見つからないので既に解決済みではありましたが後日その詳細を別記事にて投稿する予定です。

4.ナビのサブ画面がノースアップ(同・解決済み)

掲載した画像はサブ画面が首都高になってますが、コチラも納車後にメイン画面+サブ画面の切替は何となく感覚で辿り着いたものの、肝心のサブ画面のマップ表示が常にノースアップという…

メイン画面の方のヘディングアップ or ノースアップの切替え設定には辿り着くのに一向にサブ画面の設定には辿り着かない摩訶不思議。これも詳細設定が取説にも載っていない不親切さもあり、必死でiDriveコントローラーをガコガコ、グリグリして解決(やり方は別記事で紹介する予定)しましたが

感覚的に辿り着かない仕様なのは頂けませんが、最早これは自分がロートルになってしまった証拠なんですかね!?(笑)

5. ハンドル位置の調整がアナログというか人力手動

今回、BMW E61 525i から BMW F36 420i に乗換えて一番のカルチャーショックだったのが多分コレ(笑)EセグメントとDセグメントの装備に関する格の違いを見せつけられたといいますか…

座席のパワーシートの調整は大して変わらない(これはF36の勝ち・笑)のに座席位置を決めた後にハンドル位置の調整をしようとしたら、ハンドルの位置調整用スイッチ(もう、この時点で認識が間違っている)が見当たりません。

仕方がないので、納車ドライブ(仮)ではハンドル位置が変えられずにそのままの状態で出かけましたが、帰宅後に取説読んでコチラも無事に解決済み。勿論、4シリーズでもハンドル位置の調整は可能ですが、慣れた電動ではなくて

手動で位置を調整するんですね!?(爆)

上の画像で赤丸で囲った部分のレバーをガコっと下げてハンドル位置のロックを解除(当たり前ですけど結構チカラを入れないとロック解除出来ません)後、チルト(上下)、テレスコピック(前後)の位置調整をハンドル握りながら手動で調整すると言う…

これはもう驚きを通り越して新鮮な感覚でしたが、何故か? コンバトラーVの1号機(バトルジェット)の変形開始プロセス(まさにレッツ・コンバイン!爆)を思い出してしまったのは永遠に内緒。まぁ、このネタがわかる人は普通にアラフィフだと思いますが(笑)

6. 電動パワステの効きの違い

これも長年BMW E61 525i(後期)に乗ってきた身としては戸惑いが大きかったと言いますか、BMW E60/E61も前期と後期で電動パワーステアリング(アクティブステアリング)の効きの違いがある様ですが、後期型はかなり完成度が高くハンドルを1周半回す事なんて滅多になかったんですけどね。

しかしながら後継モデルではアクティブステアリングとは呼ばれなくなり、何でも?バリアブル・スポーツ・ステアリング(サーボトロニック付)と呼称が変わったと言うことは仕組みも変わった?という事でFAでしょうか?教えて!詳しい人(笑)

BMW E61 525i(後期)のアクティブステアリングより確実にBMW F36 420i のバリアブル・スポーツ・ステアリング(サーボトロニック付)の方がサポート量が減った(自然に近づいた?)といいますか

気をぬくと舵角が足りずに普通に大回りしてしまっているので、慣れるまで一苦労した事は何度か記事に書いている通り。

おまけ:10年の歳月を感じた機能… トランクリッド・スマート・オープナー

最後はオマケ扱いで、常々「欲しい!」と思っていた機能。オートトランクの紹介になりますが、リアゲート(トランク)の裏にあるスイッチをポチっとな!でクローズするのはBMW E61 525i の時点でも欲しかったのは言うまでもありませんが、このBMW F36 420i グランクーペ  Mスポーツ 3代目まゆ毛くん(シロまゆ)ではトランクに手を触れずに開ける事が出来るんですね!?

正式名称は、トランクリッド・スマート・オープナー?数年前にBMW正規ディーラーでカタログ読んでいた際に「いいなぁ…」と思っていた機能ですが、後部バンパー下で足を「スイ、スイ」と動かす事でトランク(リアゲート)が自動でオープンしてくれるというもの。まぁ今更感もありますが、付いていたら絶対1度は意味もないのに試してみたくなる機能ではあります(笑)

勿論、自動オープンの際の開閉角度はiDrive内の設定で変更できます(肝心な操作方法が見つからずに、こういったオマケ機能の設定が先に見つかると言う・笑)またトランク内に荷物用のネットがあって一安心。これ納車前に「もし、装備してなかったら絶対(純正品をw)買わなくちゃ!」と思っていたアイテム。

結構(純正品は)お高いアイテムだったので付いていてホント、ラッキーでした!

amazonで購入する:BMW純正 ラゲージ・ルーム・ネット

撮影ドライブなどでカメラ機材(ハードケースやら三脚など)を積むに当たってトランク内でゴロゴロ、バタバタするの嫌だな?と思っていたので、どうしても必要だった訳ですが納車前にネットの有無を聞くのを忘れていたと言う…

こんな感じで、久しぶり(20〜25年ぶり)となったDセグメントの愛車BMW F36 420i グランクーペ  Mスポーツ 3代目まゆ毛くんに乗り換えてみての色々な戸惑いやらを綴りつつ、今回のお話もこの辺で〆

スポンサーリンク


Follow me!

管理人が選んだオススメ記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。