懲りずに Nikon D70 でフォトツーリング!小さな春を探してたらレンズ沼の入口に到達!?(笑)

だいぶ、春らしい?というか?厳しい寒さもなくなりつつありますね!?そんな3月上旬ではありますが、何となくデジタル一眼レフカメラを持出してバイクに乗りたい!なんて…

珍しく?結構、前向きな気持ちで迎えた日曜日。

小さな春を探すべくデジタル一眼レフカメラ Nikon D70 さんに 単焦点レンズ 50mm f/1.8を取付けてフォトツーリングに出発!

このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク

ズームレンズを使うと単焦点に… 単焦点を使うとズームレンズが使いたくなる不思議

この画像は本文と一切関係ありません(笑)
出かける前のテストショットw

確か?前回のフォトツーリングっぽい何か?では Nikon D70 にキットレンズ 18-70の組合せで出かけましたが…

何となく明るさが足らない?というかボケ味を気にしてテレ端ばかり使用していましたので(これが初心者あるある!まぁ、いつもの事なのですけど)

本日は、明るい単焦点レンズをチョイス!

こんな感じで、今回の記事に掲載している画像はデジタル一眼レフカメラ Nikon D70 & 50mm f/1.8で撮影した写真です。

また今までのフォトツーリング記事は

通常の記事の後にデジイチで撮影した画像だけの記事を書いていましたが、今回は逆パターンに挑戦!(特に意味はない)

桜の前哨戦?小さな春は梅で始まる

適当に粕尾方面を走って行けば梅林の一つくらいあるかな?梅林じゃなくても道端に梅の木があればBMW R1200R(2010)B玉号を近くに停めて、一緒に写真が撮れればいいや!と

気軽なのか?注文が多いのか?不明な状態で走っていたら

さっそく梅林を発見!

DXフォーマット(要するにフルサイズではなくAPS-C)に50mmだと、この位の画角をつくるのにも一苦労(汗)これ車の接近を確認しつつ

車道の真ん中辺まで引いて撮影しましたからね!?

こういった画を取りたい時などは、やっぱり単焦点ではなくズームレンズが便利なのですが…

こういった画像を撮るには、単焦点のレンズでも可能!というか、明るい単焦点レンズならではの画になる訳で…

確かに

構図を考えながら自らの足を使うのも単焦点レンズの撮影での醍醐味なのは理解してきましたし

実際楽しいのですが

少し気を抜くと、こんな感じの平々凡々とした見事なスナップショットになってしまうという憂鬱(笑)もう一台のDX機、Nikon D90には

16-85といった広角よりのズームレンズ(明るさは平凡的)を常備させていますので

やはり、Nikon D70専用に

フォトツーリング用の新しいレンズが欲しくなってくるという

見事な堂々巡り(笑)

バイクで持ち運ぶのに虎の子のNikon D750を選択する程、肝が据わっているわけでもお金持ちでもありませんので

ここは

セカンド、サード機(予備役?)となっているNikon D90やNikon D70を有効活用したいと思ってはいるのですが…

問題は持出すレンズなのですよ!?

こ、これがレンズ沼というものなのか?レンズ沼の入口を(少しだけ)垣間見る

明るい単焦点レンズでも良いのですが、DX用に50mm以下だとDX用の35mm一択(これには何故か心が躍らない・笑)になりそうですし

今、新たにレンズを購入するのであれば

  • FX機(フルサイズ)でも共有できるレンズ(要するにDX専用ではないレンズ)
  • 単焦点にしろズームにしろ既に所有しているレンズと被らない焦点距離
  • バイクに搭載するので高額でない物(中古でも可)

と、こんな感じの条件に当てはまるレンズがあれば良いのですが…

ちなみに

現在所有しているレンズのおさらい

  • Nikon AF-S DX 18-70(D70のキットレンズ)
  • Nikon AF-S DX 16-85(初めて新品で購入したレンズなのでD90専用・笑)
  • Nikon AF-S 50mm f/1.8(FX、DX共有)
  • Nikon AF-S 300mm f/4(FX、DX共有)
  • Nikon AF-S 24-140 f/4(D750キットレンズ)

標準ズーム(DX用×2、FX用×1)計3本、単焦点(FX)×2本の5本です!

先程の条件とは矛盾してしまいますが、フォトツーリング専用に中古でNikon AF-S 18-105か、Nikon AF-S 18-140を購入してD70専用万能レンズにしちゃってもいいカナ?

などと思う事もあったりするのですが…

どうしようかな?(笑)
一万円くらいで購入できそうだしw

でも…少し作りが安っぽいんですよね!?アレ(汗)

なにはともあれ、ようやく?バイクにデジタル一眼レフカメラを積み込んでツーリングに出かけてみるフォトツーリングっぽい何か?も様になって来た?というか…

少しづつではありますが

ツーリングの出先で撮影した写真も何とか見れるようになって来た?という実感が少なからず、あったり?なかったり?する今日この頃でもありますので

この波に乗れ!?(爆)
無駄遣いしろとは言ってないw

ちなみに先程、遭遇した梅林での撮影で本日の撮影意欲(小さな春)は満たされてしまいましたので、山に登る途中にあった

見栄えのよさそうなスポットなどは

全てスルー(爆)
もう満足w

デジタル一眼レフカメラで撮影したツーリングの写真をブログに掲載して自己満足に浸る事が、今回の記事(フォトツーリングっぽい何か?)の一番の目的(本文は蛇足)なので

ズームレンズを使うと単焦点レンズで撮影したくなり、単焦点レンズで撮影していると新しいズームレンズが欲しくなる!?といった我侭な問題には明確な答えを出さずに

レンズ沼の入口付近(いえ、それは只の物欲です)で悶々としながら

本日はここまで!(笑)

この日の詳細などは、次回の記事に続きます…

スポンサーリンク


Follow me!

管理人が選んだオススメ記事

懲りずに Nikon D70 でフォトツーリング!小さな春を探してたらレンズ沼の入口に到達!?(笑)” に対して4件のコメントがあります。

  1. T.Otsuka より:

    おすすめレンズは
    レンズのラインナップを見ました。マクロレンズが無いようです。花など撮影する時は近づけるマクロレンズは必須です。オートフォーカスですと、少し前のレンズですが、AI AF Micro-Nikkor 60mm f/2.8Dはコントラスト他写りがいいですね。D90でもオートフォーカス可能です。他には、DX機専用レンズですが、AF-S DX Micro NIKKOR 40mm f/2.8Gも小さく軽くて使い勝手がいいです。レンズ内にモーターが入っているのでD70でもオートフォーカス可能です。
     風景用としては、Ai AF Nikkor 28mm f/2.8Dも小さく軽くておすすめです。なお、スームレンズはNikon AF-S 24-140 f/4を持っているようなので、これ以上いらないし、買ってもすぐ飽きると思います。
    カメラが2台入る、カメラリュックを使用して2台持ちという手もあります。

    1. ageha より:

      T.Otsuka さん、こんばんは!
      きっと来月頃にはネモフィラも観に行くと思うので、マクロレンズも欲しい!ですね!?(汗)60mm f/2.8Dはコスパ良さそう?というか昔に買ったNikon D70専用ムックでも紹介されていました。DX用の40mm f/2.8も捨て難いですね… 28mm f/2.8Dは、この前危うく(?)買っちゃいそうになりました(爆)

      ズームレンズはこれ以上、要らないですかね!?正直なところではDX用で明るいズームレンズが1本欲しかったのですが… 流石に今、24-140 f/4をバイクに積むのは勇気が出ないので…(笑)

  2. にゃびのママ より:

    お久しぶりでございます。
    にゃびのママです。レンズ沼に嵌らないように。
    やはり、何をメインに撮るか?で、使用レンズも決まると思います。
    でも、帯に短しタスキに長しの時もあるので、
    昨年のネモフィラはレンズ交換要員として、こき使われました。
    さすがにあの丘までフルサイズ機2台持ちで歩くのは厳しいので、交換要員は大忙しでした。
    大三元揃えてるみたいですが、たまに一本で済むのが欲しいと呟やいてますが、沼に飛び込まないよう、監視しています。

    そろそろ、ソメイヨシノのシーズン。
    是非、桜撮りへ。
    ハッとした場所に巡り会えた時、素敵な写真が撮れますよ、気負わず頑張ってください。

    1. ageha より:

      にゃびのママ さん、おはようございます!
      そうですよね!?何を撮るのか?が大事… 一番撮りたいのは飛行機!(爆)二番目はお出掛けの際の綺麗な風景や動植物、三番目がフォトツーリングで適当に(笑)あ、ウチの猫さん達が入ってないや…

      ひたち海浜公園、駐車場からみはらしの丘まで機材運ぶの大変ですよね!一眼レフ1台でも嫌になっちゃうのに複数レンズとか… レンズ沼監視お疲れ様です<(_ _)>

      今年も綺麗なネモフィラ撮れる様にお互い頑張りましょう!

      今日は桜の前の練習として、これから筑波山まで(辿り着けたら)梅を撮影しに行ってきます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。