猫の鳴き声で気持ちがわかる?命の重さ… これも運命!? 短かった出会いと別れ

三日前の出勤時、この日も川口線周辺は安定の通勤ラッシュで大渋滞(汗)何とか出社時間の5分過ぎ(ここら辺は寛容と言いますか人徳・笑)に会社の駐車場に辿りつき、愛車BMW E61 525i Mスポーツ 2代目まゆ毛くんから降りると何処からともなく赤ちゃんのような鳴き声…

当初は周囲の車の中に赤ちゃんでも居るのかな?なんて思っていたのですけど… 今回のテーマは「猫の鳴き声」で、こんなお話。

このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク

野良猫なのか?捨て猫なのか?鳴き声から捨て猫かな?と思いましたが警戒心は野良猫さん?

そんな不思議そうに周囲を見渡したものの赤ちゃんの姿はなく。後席から仕事鞄鞄を取り出し事務所に向かおうとしたトコロ、隣の車の下からフェンス越しの茂みにシュタ!シュタ!と白い影が飛び出しました。

そう、赤ちゃんの鳴き声の様に聞こえたのは(↑)この子の鳴き声!

白ベースに茶毛とキジ模様?サバ虎系とでも言うのでしょうか?可愛らしい三毛猫ちゃん。その大きさから子猫とも成猫とも言えない何とも中途半端な年齢(多分5〜6ヶ月ほど?)でしたが、特に気になったのが鳴き声!

嬉しい鳴き声、怒っている鳴き声、悲しい鳴き声

後程、動画をアップしてますので鳴き声を確認してもらえると嬉しいですけど、猫さん達2匹と暮らして早13〜14年。その間に迷子の野良猫1匹小さな捨て猫1匹を保護して里親探しをした経験から

この子の鳴き声が、少なくとも決して嬉しそうな鳴き声でもなく、怒っている声でもなく、何方かと言えば「困っている」

悲しんでいる鳴き声!(涙)

そう聞こえてしまったのは、言うまでもありません。しかしながら、その場にしゃがみ込み「おいで!おいで!」しても一定の距離から近づかず「にゃ〜にや〜」訴えかけるだけの猫さん(警戒心は少なからずあるらしい)に

「またね!?」

と、挨拶だけして事務所に急行!その日はお昼の時間、外食に出かけた際も朝と同様な鳴き声で「にゃ〜、にや〜」悲しそうな鳴き声だった猫さん。勿論、帰宅時も茂みの奥で小さくうずくまって「にゃ〜、にゃ〜」(汗)

これは翌朝の猫さんですが、この日は何故か?起き上がれずに(気持ちよく日向ぼっこしてただけなのか?)また「にゃ〜、にゃ〜」と悲しそうな鳴き声。敷地内で餌付けは固く禁止されていた職場でしたので

伝家の宝刀!魚肉ソーセージとか(笑)与える訳にも行かず「ど〜したものか?」と悩みましたが、この二日目の状態を見てしまうと

いっその事、保護しちゃおうかしら!?(爆)
三毛猫さん可愛いしw

なんて思いこそしましたが、ウチの猫さん達との相性問題もありますし、踏ん切りが付かずに… この日もお昼と夜は駐車場の茂みから出られずに小さくうずくまっていた猫さんを見て

明日は会社の人には(絶対)内緒で何かご飯を用意しておこう!既にいなくなっていたら「それも運命」そして、その日の帰りまで猫さんが「まだ」居たら連れて帰って(まず)お医者さんに連れて行き、里親を探すなり、トロさんとムーさんと相性よかったら

ウチの子になってもよいのよ!(汗)
もうね、2匹も3匹もいっしょw

そう、覚悟したんですけどね!?翌朝、ご飯(焼きカツオ)をポケットに忍ばせ出社すると、隣の茂みの中ではなく車の下から「にゃ〜、にゃ〜」と「ここに居ます」合図(だが、出てこない・笑)

さっと焼きカツオを取り出し車の下へ置いてみると泣き出しそうな鳴き声で「ハグハグ」と完食。そんな姿をみつつ「待ってろよ!?仕事が終わるまで、そこに居れば帰りに迎えに来るからな!?」と心の中で誓ったものの

その日(実は11/27今日の出来事・爆)の帰宅時には姿を隠してしまった美人(子)猫さん(涙)

これも運命という奴ですかね!?

覚悟を決めるのが遅かったのが原因でしょうか?しかしながら、おいそれと決断出来る事柄でもなく、捨て猫だったのか?何処かで餌を貰っていた地域猫さんだったのか?はたまた迷子猫だったのか?今となっては、永遠に謎となってしまいましたが

最後に猫さんと出会ってから二日目の朝の動画を掲載し、今回のお話もこの辺で〆

何処か違う世界線では、この三毛猫ちゃんと仲良く暮らしているトロさんとムーさんが居たりするんですかね!?教えて!詳しい人…

まいける(子猫)とルーシーさん(三毛サビ)の思い出はコチラから

スポンサーリンク


Follow me!

管理人が選んだオススメ記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。