風邪をひいたらお家で大人しく寝ていよう!と思ったツーリング… 後編 BMW R1200R(2010)

年末は色々と慌しいですね!?久しぶりにひいてしまった風邪も治りかけというのに忘年会という名の飲み会で帰宅時間が深夜3時になるとは!(汗)これ、週末じゃなくて平日の話ですからね!?

翌日は、1日愚だってましたが(笑)

流石にもう若くないんダナ?と改めて自分の歳を実感したとかしなかったとか?そんな愚痴をはきつつ、先週末のバイクの時間のお話の続き…

このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク

道の駅 しもつけ ~ 道の駅 にのみや ~ 道の駅 しまつま まで 蕎麦ツー

この日は「今年一番の寒波到来?」そんなニュースが巷で話題にあがった日曜日。風邪も治っていないのに3週間放置プレイ状態だったBMW R1200R(2010)B玉号に気遣って無理やりバイクの時間に突入するも

肝心の道の駅スタンプラリーのスタンプ帳を部屋に忘れてくるという痛恨のミス(涙)

何だか?悪い予感しかしないのですが道の駅 しもつけ でお土産購入後、 道の駅 にのみや を経由して道の駅 しもつま に到着!ここまでが前回のあらすじ(笑)

道の駅 しもつま で 常陸秋そば

本来であれば、押し忘れていた道の駅スタンプを押しながら蕎麦食べようツーリングの筈が、只単に「蕎麦食べに来たよツーリング」になってしまいましたが

道の駅 しもつま に到着すると北風の勢いが150%増し!(嘘じゃないんです)

こんな日(体調も優れないし)にバイクなんて乗る事もなかったカナ?と少し後悔しながらも、まずは腹ごしらえ!お蕎麦屋さんにレッツゴー!

寒いのに 天ざる蕎麦!(笑)

ちなみに「海苔が乗っているのが、ざるそば」で「海苔がないのが、もりそば」で合ってますか?あまり気にしないで食していたので、今回もこの記憶を頼りに「天ざる」って書きましたが、そもそもメニュー(お品書き)も大して詳しく見なかったりするので…

しかしながら

風邪ひいていたのが悪かったのか?この日は蕎麦の微妙な風味が完全に分からなくなっていました(涙)せっかく寒い中、ここまでバイクで走って食べに来たのに…

これは体調が良い時に、もう一度リベンジするしかないデスね!?

そんな感じで、落ち込みつつ食事を終えB玉号の元へ戻り帰路用にとっておいたオーバーズボンを着用しようとパニアケースを開けてみると

そこには

雨合羽さんが鎮座するのみ(涙)
オーバーズボンは部屋のクローゼットの中…orz

風邪も治りかけなのに

北風が強くなって来て、この寒さ(気温は8.5度ほどだったのですが太陽の光もなく体感温度は限りなく低かったデス)の中オーバーズボンなしで帰れるのか?と冗談ではなく本当に心が折れそうだったのですが、無いものはナイ(笑)

覚悟を決めて帰路に着くのでありました…

グリーンラインってなんぞ?

この日、起床後に適当に決めたツーリングルートでしたが道の駅 しもつま からR294~R125で帰るのもなぁ… なんか面白い道ないのかな?とGoogleマップで見つけた道だったのですけど

広域農道?ビーフラインみたいな道なのかな?なんて

少しワクテカで向ったんですけどね?普通の片側1車線イエローセンターな道でした(汗)まぁ、確かに信号は少なかったのでR294~R125よりもスムーズに走れた気もしたりしなかったりするのですが

結局の所、その後はR125に合流して古河市街(?)の理由なき渋滞を堪能するまでがセットでした(笑)

それでも何とか午後3時前に無事(?)に帰宅。走行距離は約100キロ、B玉号のガソリン残量のメモリもギリギリ一つも減ってなかったので、給油は次回のバイクの時間にお預け

早々にB玉号に防犯グッズを取付けカバーをかけて

お風呂へGo!(爆)

帰路の途中から普通に息をしていても喉が痛くなっていましたので、しっかり身体を温めて休養。次回のバイクの時間にはB玉号の洗車(ちゃんとした洗車を当面の間していなかった)もしなくちゃ!とも思いましたが

まずは、風邪を治す事に集中しよう!そうしよう!と本日のツーリングを少しだけ反省(笑)

おまけ

お風呂から出ると外は真っ暗(当たり前です)ゴミ出しついでにファンヒーター用の灯油が切れていたのでGSまで灯油を購入するついでに小汚かった愛車BMW E61 525i まゆ毛くんを洗車機へドボン(笑)

この寒空の下、風呂上りに洗車の吹き上げしてたら風邪をぶり返すどころの騒ぎではなくなる?と判断し、びしょ濡れのまま帰宅しましたが

まゆ毛くんの外気温計が示す気温は

+1.5度(寒っ!)
走行距離16万キロは注目するポイントではありませんw

翌朝はマイナス1.5度まで冷え込んだみたいで、せっかく洗車して綺麗にした車体にびっしり霜が落ちていたのは言うまでもありません(涙)

スポンサーリンク


Follow me!

管理人が選んだオススメ記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。