人生で初めてDEATH!こんな体験するとは思わなかった出来事とは…

はい!本当だったら「一生に一度の不覚!〜した話」という記事が予約投稿される(いや、当然の如く本文はまだ書いてませんが何か?笑)筈だったのですが… 出来立てホヤホヤの出来事を勢いに任せ執筆中(笑)今回のテーマは「鍵の紛失」で、こんなお話DEATH…

テーマ:鍵の紛失

このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク

お家(玄関)の鍵を紛失!? 人はなぜ鍵を失くすのか?小一時間ばかり自分を問い詰めたい出来事…

(画像と本文は関係ありません)で、テーマとセカンドタイトルで先に書いちゃってるので単刀直入に話を進めると本日、お家(玄関)の鍵を失くしてしまいました(汗)何時もの如く休日出勤だった訳ですが、玄関を出た際には確かに施錠して両手に荷物(クリーニングに出すYシャツと仕分けした資源ゴミと傘)を持ち

指先に引っ掛けてた玄関の鍵…

駐車場まで降りて愛車BMW F36 420i グランクーペ Mスポーツ 3代目まゆ毛くん(シタまゆ)の後席に荷物を置いた後に何時もの如くスラックスの左のポケットに仕舞った筈だったのに…

一生懸命、仕事(管理職なので年棒制で賞与もなければ残業代も出ないし休日出勤手当もありません・悲)して、今日は頑張ったから!とスーパーまで買い出しに行き帰宅。荷物(仕事セットのバックにスーパーのレジ袋二つと傘)を持って玄関まで辿り着き

いざ開錠してお家に入ろうとしたところ

左のポッケに謎の違和感!(爆)

そうなんです!何時もなら入っている筈のポケットに鍵が無いんです…

これには実際に血の気が引きましたね!?40ウン年生きて来て初めての出来事!いや、確かにポケットに鍵が入ってなかった事ぐらい何度も体験してますが

その際には「あぁー、あの時、どこどこに入れたよな」なんて記憶が瞬時に蘇るところですが

今回は全く見当が付きません(涙)

確かに家を出る際には両手の荷物と一緒に指先に絡めた鍵(キーリング)が記憶にあったものの、愛車BMW F36 420i グランクーペ  Mスポーツ 3代目まゆ毛くん(シタまゆ)の後席に荷物を積んだ際に謝って資源ゴミの袋の中に落としてしまったのか?自分ではポケットにしまったつもりだったのですが

後席(資源ゴミは既にスーパーのゴミ箱に廃棄済み)に落ちてないか探すも見当たりません、運転中にポケットから落ちたのか?前席を探すも見当たりません(涙)

もしかしたら… 休日出勤で仕事していた事務所(正確には静かな場所で BGM流しながら 集中して仕事したかったので会議室に篭ってました・笑)で落としたかもしれない?と最後の望みを賭けて会社に向かうも事務所(会議室)には落ちていませんでした…

この他にトイレやら管理室にも足を運んだのですが勿論なしのつぶて

もうね、帰りの運転中… 今日は施錠するのを忘れて玄関の中にあるかもしれない?(要するに傘を持ち出す際に迷った記憶が勝手に都合の良いように改ざんされてます・笑)なんて望みを賭け

再度、玄関まで戻り(どうすんだよ?会社までの往復の高速代・笑)恐る恐る玄関のノブを下げるも

ガチャ、ガチャ

という虚しい音のみ響き、当然の如く開く訳がありませんでした(涙)

勿論、事務所に向かう際にはマンションの管理会社に電話してみたのですが「本日の営業時間は〜」虚しさ倍増(笑)こうなったらファミレスで朝まで時間を潰すしかないのか?どうするの?買い込んだ食材…

それよりも!お家には二匹の愛猫が閉じ込められている現実に、鍵屋さんを呼んで開錠してもらうしかないのかな?なんて車に戻りスマホで検索しようとしたところ…

トボトボとマンションのロビー先で荷物を車から降ろしているご老人を発見!「あっ!あの人は!」そうなのです、マンションの1階の端に住んでいたそのご老人は常々このマンションの大家さん(オーナー)ではないかと思っていた人で、勇気を出して声をかけてみる事に…

ageha
あの〜、ここの大家さんですか?
謎のご老人
?違いますよ
ageha
(爆)
謎のご老人
大家さんは隣の隣の部屋の人
ageha
あ、あぁ、そうなんですか、実は鍵をなくしてしまいまして大家さんだったら鍵もってないですかね

なんて突然の相談に

謎のご老人
ちょっと待ってて、電話してみるから

と、いそいそと部屋に戻り電話をかけてくれましたが

謎のご老人
ちょっと居ないみたいだな

と、今度は直接のピンポン攻撃に!多少時間はかかったものの、大家さん(ご老人)が出て来てくれて事情を説明したところ、手元には鍵を置いてないけど(自分の会社の)事務所にあるから今から取って来てくれるという展開に!

車に乗り込み鍵を取りに走り出した大家さん、先ほどの(当初、大家さんだと思ったご老人)から「会社、マンションの裏なんだ。ちょっと待ってな」と声をかけられ「とても助かりました。ありがとうございました」とお礼と心ばかりの謝礼を出そうとしたところ「いいから、いいから」と部屋に戻ってしまったご老人。

待つ事、5〜6分で戻って来た大家さん、手には合鍵のセットが詰まったケース。あぁ、これで部屋に入れる!(勿論、部屋の中には予備の鍵がある筈なんです)一緒に3階まであがり、自分の部屋番号の鍵を受け取りシリンダーをガチャリ…

はい、開きません…orz

何でも管理会社がマメに送ってこないから、とケースに詰まった合鍵を一つ一つ試してみるも一向に開かないウチの玄関(笑)あぁ、もう駄目だな?と大家さんには「本当にありがとうございました、仕方がありませんので鍵屋さんを呼んでもよろしいでしょか」とお礼を言いつつ、一応業者さんを呼ぶ事に承諾を得たものの

ケースの端に挟まっていた封筒に「なんだこれ」と大家さんが封筒破って出して来た鍵が

お家の鍵でした!
パンパカパ〜ン♪

最後の最後で見事にヒット!大家さんには本当に平謝りで「本当に助かりました、ありがというございます」と伝え、僅かではありましたがお財布に入っていた千円札全部取り出し「これ少ないですがガソリン代の代わりと美味しいものでも食べてください」と謝礼を渡し一件落着、今に至ります。(本当に先ほどの出来事なんだな、これ・汗)

いやぁ、それにしても本当にお家の鍵をなくすなんてこの歳で体験する出来事じゃぁないですな、一応引越した際に3本の鍵を受け取ってましたので引出しから予備の2本が出て来ましたが

お家の鍵を何処ぞに落とし、管理会社にも連絡つかず途方にくれ、鍵屋さんを呼ぼうとしたところ大家さんに出会い合鍵を持って来て貰え無事解決!なんて、運が悪いと捉えるか?運が良かったと捉えるべきか?(後者と考えるが吉ですな)

こんな体験するなんて… 本当に今年は何が何やら… と中途半端に嘆きつつ、今回のお話も時間切れにてこの辺で〆

スポンサーリンク


Follow me!

管理人が選んだオススメ記事

人生で初めてDEATH!こんな体験するとは思わなかった出来事とは…” に対して2件のコメントがあります。

  1. NonmarkRider より:

    お疲れ様でした。後日談で紛失した鍵が車の中で見つかったとかありませんか?

    1. ageha より:

      NonmarkRider さん、こんばんは!

      ありがとうございます <(_ _)> 残念ながら後日(1日目)談として成果なし(涙)忘れた頃に何処ぞから出てくれば良いのですが… 多分、きっと、推定ですが資源ゴミの中で気付かずに一緒に捨ててしまった可能性が大だったり…orz

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。